1. ホーム
  2. エシカルカンパニー 生活の木
  3. エシカルチャレンジ
  4. Vol.8 熱帯雨林とパームオイルのHarmonizationをめざして

エシカルカンパニー 生活の木 Ethical company

Vol.8  熱帯雨林とパームオイルのHarmonizationをめざして

[ロゴ]エシカルチャレンジ

[画像]熱帯雨林とパームオイルのHarmonizationをめざして

パームオイルの主原産地、赤道直下のマレーシアのボルネオ島。アブラヤシプランテーションの急激な開発がこれまでの熱帯雨林を減少させ、そこに棲むオランウータンなどが絶滅の危機にあるといいます。
ボルネオ保全トラスト(BCT)は、マレーシア・サバ州政府から認可を受けた環境保全団体です。
プランテーション企業に買われていない熱帯雨林を購入し、森林保護区をつなげて、野生動物が往来できる『緑の回廊』を回復させる活動や、害獣として追われた野生動物を森に戻す活動をしています。

生活の木はBCTとBCTジャパン(BCTJ)に協賛支援を行いボルネオへの恩返しをいたします。
生物とのHarmonizationを目指す生活の木の新たなエシカルチャレンジです。
ボルネオマーク

[1]緑の回廊プロジェクト
[1]生活の木の森を寄付
[2]生活の木の森を寄付
[2]ボルネオ支援自販機の設置
[3]ボルネオ支援自動販売機
[3]アロマキッズワークショップの開催

[1]生活の木の森を寄付

BCTJの緑の回廊プロジェクトに賛同し、分断された緑の回廊をつなぎ、熱帯雨林とそこに棲む動物たちを守るため、ボルネオ島マレーシアサバ州に生活の木の森を購入しました。今後も支援を続けます。

[2]ボルネオ支援自販機の設置

キリンビバレッジ様を通じて、オフィス、商品本部など計4台設置し、売上の5%をBCTJに寄付しています。

[3]アロマキッズワークショップの開催

石けんの原料でもあるパームオイル。手作り石けんのワークショップを通じて、子どもたちにボルネオの森の現状、自然との共生の大切さを伝えています。