1. ホーム
  2. ブランドストーリー

ブランドストーリー Brand story

ハーブとは私たちの暮らしに役立つ植物の総称

私たち生活の木は四半世紀の歳月をかけハーブを日本に紹介し、その用途開発をしながら、そのひとつずつを楽しみ方として提案することにより、ハーブある生活を創造してきました。まだほとんどの人が「ハーブ」という言葉も知らない頃、ハーブとは何か、海外へ出向き、調査をするところから始めました。その歴史、文化、生活のなかでどのように扱われてきたか等の情報をもとに用途開発、商品開発をしてきたのです。

「生活の木」年表

  • 拡大
  • こぼれ話
  • 世の中のできごと

時代背景

世の中のできごと

1967

日本万博開催

世の中のできごと

1976

『およげたいやき君』大ヒット

世の中のできごと

1978

ピンクレディー旋風

世の中のできごと

1979

インベーダーゲーム、『ドラえもん』、『銀河鉄道999』の流行

世の中のできごと

1980

  • 竹の子族、漫才ブーム
  • ルービックキューブブーム
世の中のできごと

1981

なめネコ、ガンダムなどキャラクターブーム

世の中のできごと

1982

  • 500円硬貨登場
  • コンパクトディスク(CD)登場
世の中のできごと

1983

  • 東京ディズニーランド開園
  • 『おしん』ブーム
世の中のできごと

1985

  • ファミリー・コンピューター大流行
  • 「新人類」が流行語に
世の中のできごと

1988

  • ボディコンブーム
  • 現代用語辞典に「アロマテラピー」登場
世の中のできごと

1989

  • 昭和から平成へ
  • 消費税開始
世の中のできごと

1990

日本人初の宇宙飛行

世の中のできごと

1992

河口湖町で第1回ハーブサミット開催

世の中のできごと

1993

日本初のプロサッカーリーグ(Jリーグ)開幕

世の中のできごと

1994

関西国際空港開港

世の中のできごと

1995

第1回アロマテラピーフォーラム開催

世の中のできごと

1996

  • 日本アロマテラピー協会設立
  • たまごっちブーム
世の中のできごと

1998

長野冬季オリンピック開催

世の中のできごと

1999

  • 欧州11ヶ国でユーロ導入
  • 『だんご3兄弟』大ヒット
世の中のできごと

2001

ipod発売

世の中のできごと

2003

「スローライフ」流行語に

世の中のできごと

2004

営団地下鉄民営化、東京メトロ誕生

世の中のできごと

2005

日本国際博覧会(愛・地球博)開催

世の中のできごと

2007

東京ミッドタウン開業

世の中のできごと

2009

裁判員制度開始

世の中のできごと

2011

テレビが地上デジタルに完全移行

世の中のできごと

2012

東京スカイツリー完成

世の中のできごと

2014

『笑っていいとも!』放送終了

世の中のできごと

2015

マイナンバー開始

法人設立

有限会社「陶光」

有限会社「陶光」法人設立 陶器の会社としてスタート こぼれ話

1980
熊井明子氏が『愛のポプリ』を上梓

漫画「あこがれ二重唱」

1980
ポプリの漫画「あこがれ二重唱」スタート

講談社「なかよし」で佐藤まり子氏によるポプリをテーマにした漫画「あこがれ二重唱」がスタート

ハーブティー発表

ハーブティー

ハーブティーの販売開始 こぼれ話

エッセンシャルオイル発表

エッセンシャルオイル

ローズオイル、ローズウォーターなどの販売開始。
アロマテラピー展開スタート こぼれ話

有限会社設立

有限会社 生活の木

「有限会社 生活の木」に商号を変更 こぼれ話

ローズピアリー

1992
ローズトピアリー、ローズボールのブーム

キャリアオイル発表

キャリアオイル

ホホバ油、スイートアーモンド油などキャリアオイルの販売開始 こぼれ話

「ハーバルライフカレッジ」を開設

ハーバルライフカレッジ

埼玉県飯能市にハーブガーデンのモデルとして「ハーバルライフカレッジ」を開設。 こぼれ話

アーユルヴェーダサロンのスタート

アーユルヴェーダサロン

現地スリランカの施術者による本格的なアーユルヴェーダサロンのスタート こぼれ話

「ハンドメイドギルド」をオープン

ハンドメイドギルド

初の化粧品工房型ショップ、「ハンドメイドギルド」を六本木にオープン こぼれ話

2003
勇気ある経営大賞 優秀賞受賞
(東京商工会議所主催)

2003
東京都労働産業局長賞を受賞

2003
テレビ番組によるローズヒップブーム

原宿表参道店RE-BORN

原宿表参道店RE-BORN

本社ビルTree of life 原宿表参道フルリニューアル こぼれ話

「メディカルハーブガーデン薬香草園」開園

メディカルハーブガーデン薬香草園

ハーブガーデン「ハーバルライフカレッジ」を「メディカルハーブガーデン薬香草園」にリニューアル こぼれ話

2005
スリランカ
環境部門大統領賞を受賞

コミュニティートレード開始

コミュニティートレード

コミュニティートレード「ガーナ石鹸工房」をタマレに開設 こぼれ話

2006
第6回ホビー産業大賞
東京都産業労働局長賞を受賞

オーガニックエッセンシャルオイル発表

オーガニックエッセンシャルオイル

ラベンダーやカモマイルなどの約20種類のオーガニックエッセンシャルオイルの販売開始

2009
ダイヤモンド経営者倶楽部(ダイヤモンド社主催)「マネジメント・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ウェルフェアトレード開始

ウェルフェアトレード

ウェルフェアトレード「福祉施設石鹸工房」を東京都葛飾区西水元福祉館に開設 こぼれ話

2009
社団法人日本ホビー協会 ホビー大賞地域貢献賞を受賞

2010
第10回ホビー産業大賞
東京都知事賞を受賞

エコサート認証「エルブデュレ」発表

エルブデュレ

フランスを拠点とし、オーガニックの世界基準とも言われるエコサート認証のスキンケアシリーズ「エルブデュレ」販売開始 こぼれ話

2011
第2回いきものにぎわい企業活動コンテスト 審査委員長賞を受賞

「オーガニックビューティーオイル」シリーズ発表

オーガニックビューティーオイル

アルガンオイルやローズヒップオイルなどのスキンケア商品「オーガニックビューティーオイル」シリーズ発売開始

2014
「昼」「夜」の香りブーム

テレビ番組により、「昼」「夜」ブレンドエッセンシャルオイルがブーム。

「生活の木のスーパーフード」シリーズ発表

生活の木のスーパーフード

「生活の木のスーパーフード」シリーズ発売開始 こぼれ話

2012
経済産業省「おもてなし経営 企業選」選出

2015
繊研新聞 百貨店バイヤーズ賞
リビング部門 特別賞受賞

2015
ココナッツオイルなどのスーパーフードブーム

海外セレブが愛用しているなど、メディアに多数取り上げられ、ココナッツオイル、アサイーなどがブーム。

1950年代

1955

1955

現在の生活の木原宿表参道店と同じ場所に、陶器店「陶光」を個人創業

1960年代

1967

1967

 

1970年代

1972

生活提案型のテーブルウェア「生活の木」を発表。
初の商品開発。

1973

1973

岐阜県の瑞浪市に工場・物流センターをオープン

1975

1975

ボタニカルアートをあしらった「植物の箱」シリーズの発表。

 

1975

ポプリ素材の輸入・販売スタート

1976

1976

アメリカ西海岸にてヒッピー達と邂逅。ハーブに出会う。
以後一貫してハーブの用途開発・普及啓蒙に取り組む。 こぼれ話

1977

1977

玉川高島屋S・Cに生活の木 玉川高島屋S・C店オープン

1979

1979

ポプリの通信販売を開始し、ポプリ会員誌「ポプリのお話」スタート

 

1979

柏高島屋モールに生活の木 柏店をオープン

1980年代

1981

1981

船橋ららぽーとSCに生活の木 船橋店をオープン

1983

1983

 

1984

バス商品「ハーバルバス」シリーズ発表。
ハーバルバス、ハーブソープの販売開始

1985

1985

 

1986

1986

 

 

1986

ハーブ染を発表 ハーブ染受託染生産を開始

1987

1987

日本橋高島屋に生活の木コーナーをオープン

 

1987

エッセンシャルオイルによる「アロマテラピー」を提案

1988

群馬県桐生市にハーブ染め工房「梅田乃里」を開設

 

1988

生活の木・玉川を、染工房「FACTORY by 生活の木」にリニューアル

1989

1989

岐阜県瑞浪市に流通オペレーションセンターを増開設。

1990年代

1990

1990

エッセンシャルオイル「ハーバルライフ」シリーズとして70種の精油を販売開始

 

1990

スリランカに現地法人を設立

1991

1991

インセンスの販売開始。お香ブームの先駆け

 

1991

名古屋松坂屋本店にHERB GALLERY生活の木 名古屋をオープン

1993

1993

3mlエッセンシャルオイルの発表。
少ない単位からのお試しシリーズとして人気となる

 

1993

瑞浪市に 第二工場「FACTORY」を開設

1994

1994

 

 

1994

広島NTTパセーラに 生活の木 広島をオープン

 

1994

横浜そごうにHERB GALLERY 生活の木 横浜をオープン

1995

1995

スリランカ紅茶とハーブティーのブレンド「ティー&ハーブ」シリーズ販売開始

 

スリランカ・キャンディーに「Hotel Tree of Life」開業 こぼれ話

1996

1996

 

 

英国のアロマセラピスト フランシス・マーフィーと提携し、
トリートメントオイル販売開始

2000年代

2000

2000

オフィシャルホームページ、オンライン通販開始

 

英国のアロマセラピスト フランシス・マーフィーと提携し、
トリートメントオイル等のマタニティーシリーズを販売開始

2001

一般向けのフルーツティー「おいしいハーブティー」の発売開始

 

アーユルヴェーダ商品「アーユルライフ」シリーズ販売開始

2002

手作り石けん、化粧品の「ハンドメイドギルド」販売開始

2003

2003

 

 

コスメティックと食品からなる総合スキンケア商品「ローズヒップ」シリーズの販売開始

2004

初のナチュラルメイクアップ商品「ナティエラ」の販売開始

 

2004

エッセンシャルオイルに成分分析表を添付し始める。ケモタイプも販売開始。

 

2004

初のハーブティー専門業態「ボン・エルブ」をオープン

 

2004

 

 

ハーブティーのオーガニック化開始

 

日本産の精油「和精油」シリーズ、香水の原料となる「花精油」シリーズ販売開始

2005

2005

 

2006

2006

 

 

神様からの贈り物、サバンナの潤いとして、天然の保湿クリームと言われる
「シアバター」シリーズのハンドクリームやソープの販売開始

 

英国の知恵ハーブコーディアルは多くのハーバリストが活躍するイギリスの伝統的な飲
み物。摘みたてのハーブと新鮮な果物を原料とした「ハーブコーディアル」シリーズの
販売開始

 

先人たちの知恵。美味しく健康に良いと言われるタンポポやチコリーの根を使った
「ハーブコーヒー」シリーズ販売開始

2007

2007

 

2008

ハーブジャムやハーブドレッシングなどの「ハーバルダイニング」商品の販売開始

2009

「ローズ・オーガニクス」としてオーガニックのスキンケアシリーズの販売開始

 

2009

エシカルチャレンジVol.1 「世界に生活の木を植える」開始

 

2009

エシカルチャレンジVol.2 「グリーン電力」導入

 

2009

エシカルチャレンジVol.3 「薬香草園コンポスト」を導入

 

2009

エシカルチャレンジVol.4 「循環型リサイクル段ボール」導入開始

 

2009

エシカルチャレンジVol.5 「精油ボトルリサイクル」開始

 

2009

エシカルチャレンジVol.6 「マイポット宣言!!」を提案

 

2009

エシカルチャレンジVol.7 「生物多様性の山々を守る」開始

 

2009

 

2010年代

2010

コミュニティートレード「手焙煎コーヒー工房」をエチオピア「ベレテ・ゲラ」に設立

 

ウェルフェアトレード「福祉施設石鹸工房」を鹿児島県セルブあいらに開設

2011

2011

 

 

2011

ウェルフェアトレード「福祉施設石鹸工房」を静岡県島田市NPO法人こころに開設

2012

2012

ウェルフェアトレード「福祉施設石鹸工房」を鹿児島県社会福祉法人白鳩会に開設

 

2012

「ワールドディスカバリーエッセンシャルオイル」シリーズ発売開始

2013

2013

 

 

マテやルイボスなどの「生活のおいしい健康茶」シリーズ販売開始

 

2013

ルイボス、マテ茶をベースにしたジューススタンドの新業態「アロマシェイク」を神戸
三宮SOLにオープン こぼれ話

 

2013

エシカルチャレンジVol.8 「熱帯雨林とパームオイルのHarmonization(ハーモナイ
ゼーション)をめざして」開始

2014

2014

香水の街グラースの調香師「ネ-le noz-」が自然そのものの貴重なエッセンスにこだ
わったオードトワレ「プレッシェンス」の販売開始

 

2014

エシカルチャレンジVol.9 「スタッフ全員 認知症サポーター!!」取得制度開始

 

2014

エシカルチャレンジVol.10 「養蜂 ~ Bee Farm ~」開始

 

2014

スキンケア商品のハンドデモに特化した「LAVARE(ラワレ)」をオープン

2015

2015

 

Future これから

Future Future Future Future

自然の恵みによる、さらなる「ハーバルライフの提案」

ハーブ・アロマテラピー・オーガニックコスメ・スーパーフードを柱に、多くの人々に自然の恵みを知ってもらい、活用してもらうために、今後も、私たちは自分たちで新しい素材を見つけ、文化を開発し、発信・啓蒙する活動を続けていきます。